Pocket
LINEで送る

当ブログにおける専門用語集です。

※普段の記事では分かりやすさを重視しているため、なるべく専門用語は使わないように努めていますが、便宜上専門用語を使うこともあります。

※ナンパ業界で一般的に使われているものもあれば、私のブログ独自で使っている用語もありますw


●PUA

Pick Up Artist のこと。つまり、ナンパ師の英語バージョン。一部では「好みの女性3人に声をかければ、1人とはベッドインができるようになるレベルまではPUAは名乗れない」という。PUAまでの道のりは遠い・・・

●即

初めて出会った女性とその日の内にベッドインすること。これができるようになれば立派なナンパ師である。なお、単純に女性とセックスすることを「即」あるいは「即る」と言うこともある。

●準即

女性との2回目のデートのときにベッドインすること。初めて会った日のうちにベッドインまで至らなかった場合、後日改めて和み直すパターンも多い。

●準々即

女性との3回目のデートのときにベッドインすること。初心者のうちはまず準即か準々即を目指すと良い。

●逆ナン

女性からナンパされること。基本的に非モテ男には縁のない話だが、イケメンはたまにされるらしい。ちなみに自慢ではないが、私はされた経験はない(本当に自慢ではない)。

●打診

オファーともいう。女性に、「こうしよう」「ここ行こう」と提案すること。アプローチにおけるカフェ打診、居酒屋で和んでからのホテル打診などがある。

●アプローチ

男性が、見ず知らずの女性に声をかけること。全てのナンパはここから始まる。ここでのポイントは、強気なマインドを持つこと、決してビクビクしないこと、堂々としていること、相手に聞こえるような声で話すこと、である。

●仕上げる

カフェや居酒屋などで、相手の女性を口説き落とし、「あなたになら抱かれてもいいわ」という状態まで持っていくこと。

●ドロップアプローチ

何らかのアイテム(ex.じゃがりこ、ツナ缶)を手に持ち、女性に「これ、落としたよ」と話しかけてから会話を広げていくナンパ手法。しかしあくまでも会話作りのきっかけにすぎないため、アイテムのみに頼らず、早めに共有スペースなどをいじっていく会話展開に持っていくことが望ましい。

●ドラゴンアプローチ

龍角散を使ったドロップアプローチのこと。私が気分転換に使うアプローチ。名前かっこよくないですか?でも成功率はそんなに高くない。(オイ)

●共有スペース

自分と、相手の女性が同じ空間で共有している物のこと。具体的には、相手の女性が持つかばん、アクセサリーや、服装であったり、カフェや居酒屋におけるメニューなどが共有スペースに該当する。自分と女性の身の回りにあるものを話題にするので、相手が非常に話しやすい場を提供できる。ナンパを成功させるためには共有スペースの活用が必須となる。

●ブースト

テンションを上げるため、ナンパ前にお酒を飲むこと。私が完ソロ地蔵していたころによく使っていた手法。しかし健康を著しく害するため、なるべく避けたほうが無難。

使い方
「今日はAlc9%の500mlを2本ブーストしました!」

●完ソロ

一人でナンパ活動をすること。これができるようになればナンパ初心者を脱したといってもいいだろう。

●合流

ナンパ仲間と一緒にナンパすること。地蔵克服のための最高の方法。また、ナンパ仲間との交流自体が楽しい。仲間から価値のある情報をシェアしてもらえることもあるし、初心者の内は特に合流することを勧めたい。

●ヨネスケ

相手の女性の家に上がりこんで、セックスをすること。ホテル代がいらない、自分の家に連れ込まなくて済むため掃除の手間がかからない、女の子の部屋に上がれるという心的興奮を得られるという様々なメリットがあるが、それゆえにハードルは高い。

●スト値

女性のルックスを測る指標のこと。具体的には、スト値の高い女性=美人、美少女、スト値の低い女性=ブ●、不●工ということ。

●スト高

スト値の高い女性。要するに美人、かわいい女性ってこと。実際にナンパをやってみれば分かるが、スト高は意外とこちらの声かけにもきちんと対応してくれる。つまり、いい人が多い。

●スト低

スト値の低い女性。要するに●スってこと。スト高と違い、スト低は声をかけても反応が悪い(無視したり、冷たい言葉を投げかけてきたり、暴言を吐いたり。)。ナンパするだけ時間の無駄である。

●ガンシカ

ナンパしても相手の女性に完全無視を決め込まれること。ガンシカされた際の正しいマインドセットは「話しかけてんのに何で無視してんだよ」と、強気でいることである。決して弱気になってはいけない。最低でも三言くらいは粘りたいところ。

●直ホ

ナンパした女性をカフェや居酒屋などを挟まず、そのままホテルへ直行すること。「相手の女性が即系」、「かなりのイケメン」など、よほどのことがない限りは難しい。

●即系

容易にセックスに持ち込める女性のこと。やたらと肌が荒れていたり、髪型がプリンであったりという特徴がある。

●連れ出し

ナンパした女性とカフェもしくは居酒屋に連れ出すこと。初心者はまずこれができるようになりたい。

●Pick Up

連れ出しと同義。ナンパ師たるもの、どうせなら芸術的なPick Upを心がけたい。

●地蔵

街に繰り出したは良いものの、「女の子に話しかける勇気が出ない」「冷たい対応をされたらどうしよう」「会話を広げられる自信がない」「知り合いに見られたらどうしよう」といった理由から、女の子に話しかけられない状態が続くこと。その様子はまさに物言わぬお地蔵さんの如し。

ナンパを始めた者の最初にして最大のハードル。地蔵を制するものはナンパを制すると言い切ってしまって良いくらい。

ちなみに私の最長地蔵記録は4時間。4時間同じところを徘徊しているその様は、周りからすると完全な変質者であったことであろう。

●クロージング

女性とベッドインすること。もともとは営業活動において顧客と契約を締結することを意味しているそうだが、それが転じてナンパ業界においても使われるようになったのだろう。

●ハンドテスト

女性とカフェや居酒屋で和んだあと、女性と手を繋ぐことができるか試すこと。繋ぐことができればその日のうちにベッドインできる可能性高し。できなければその日は解散して、後日和み直した方が良い。

●グリップテスト

ハンドテストの後、女性の手を2、3回「ギュッ、ギュッ」と握ってみること。女性も「ギュッ、ギュッ」と握り返してくるようであればほぼ勝利確定。あとはホテルや家で煮るなり焼くなりなんなりと。

●パレス

自分の家のこと。そして女性と共に自分の家に上がることを「パレスイン」という。

●ゲット

ナンパした女性と性的関係を持つことに成功すること。ナンパを始め、女性を初ゲットした日はあなたにとって、素晴らしい思い出の日となる。そしてその思い出は、これからのあなたに大きな自信と勇気をもたらすことであろう。

●LG

LINEゲットの略。ナンパした女性とLINEを交換すること。相手に嫌々させたLINE交換はステータスが低く、メッセージを送っても返信が来ない場合が多い。一方、きちんとメッセージが帰ってきた場合、ナンパの会話中にきちんと相手を楽しませることができたという証拠である。

●番ゲ

電話番号ゲットの略。最近はこちらよりも上記のLGの方が良く使われる。LGのことを番ゲと言う人もいたりとかいなかったりとか。どーでもいいかw

●対峙会話


女性をカフェや居酒屋に連れ出してから、女性との1対1の会話のこと。ここで何を話すか、どう振舞うかによってその日その女性とベッドインできるかが決まる。もちろんただ単に女性の言うことに「うんうん」と同意しているだけではダメで、きちんと「男」を意識させなければならない。

●和む

女性とのカフェや居酒屋での会話を通して、女性に自分への「興味、好意、希少性」などを与える、すなわち「自分を魅力的だと思わせる」こと。コレが下手くそだとその日の内のベッドインは難しいものになり、女性に「なんでこんな男に付いてきてしまったんだろう・・・」と思わせてしまう。

●ロストアプローチ

「ねえねえ、このあたりでペンギン見なかった?」「ねえねえ、ちょっとアザラシ探してるんだけど、知らない?」という、ありえない探し物を探している風を装って女性との会話のきっかけを作るナンパ手法。あたかも真剣に探している風に装うのがポイント。

●アポ

女性と後日、お茶や飲みに行く約束をすること。ただし、約束が取り付けられたからといって気を抜いてはいけない。女性は気まぐれな生き物。気分次第で当日ドタキャンされることもあるため、当日会うことができるまでは油断せずにいよう。

●ナンパ

別名、突発的恋愛活動。男性が、見ず知らずの女性に声をかけ、そこから恋愛関係、あるいは性的な関係まで発展させることを目的とした一連の活動のこと。ハードルは高いが、マスターしてしまえばローリスクハイリターンの最高の出会い活動といえる。「やらなきゃ損、やるだけ得」と言う人もいる。

●ストナン

ストリートナンパの略。街に繰り出して行うナンパのこと。ナンパ活動の内、最初にして最難関の活動。

●ネトナン

ネット上のナンパ活動のこと。具体的には、ペアーズ、Omiai、ハッピーメールなどの出会い系サイトを活用したナンパ。低コストで大量の女性と繋がることができ、非常にコスパは良いが、ストナンより可愛い子は減る。

●店内ナンパ

スタバやTSUTAYAなどの店内で行うナンパのこと。ストナンよりも女性の反応は良い。静かめに話す、女性の探し物を会話のネタにする、店内の売り物を会話のネタにするといったことがポイント。

●クラナン

クラブナンパの略。クラブで行うナンパのこと。クラナンを行うナンパ師はイケメンが多い。非モテ男にはそれなりに敷居が高い。

●サイン

女性があなたのことを魅力的と感じている、あなたを求めていると判断できる言動のこと。サインは全部で願望サイン、興味からの質問サイン、模倣サイン、欲望サイン、積極的サイン、トイレサインの6つがある。詳しくはコチラの記事参照。

●笑反応

女性から笑いを引き出すこと。ナンパにおいてはまずこの笑反応を引き出すことが勝利への第一歩となる。

●オープン

声かけを行った結果、女性から何らかの言動、レスポンスが得られること。最初は無視されても、粘ってみるとオープンすることはよくあるため、無視されたからといってすぐ諦めるのは早計である。

●死番

LINEなどを交換した女性からの連絡が途絶えること。アプローチ時にうまく会話を盛り上げられていなかったときや、相手の女性に自分への興味・期待をうまく与えることができなかったときは死番化しやすい。

●ザオラル

某日本を代表するRPGゲームにおける復活の呪文。その名の通り、死番になっている女性へ再度、日を跨いで連絡を取り、女性からの返信を得ること。ザオラルから即に繋がることもあるので、結構大事。

●凄腕(すごうで)

ナンパにおいて、かなりの実力を持つナンパ師のこと。類似語にPUAがある。1回街に出ればその日のうちに必ず好みの女性をゲットしたり、1日に3人の女性を口説き落としたりと、化け物のような人達がたくさんいる。凄腕のナンパ師の中にはナンパ講習なるものを開講している人も多く、またその講習は非常に勉強になるものとなっている。上を目指すのであれば、ナンパ講習の受講は必須といえる。

●リーセグダ

「リーセ」とは、「生理」のこと。つまり、「リーセグダ」とは生理を理由に女性からセックスを断られること。安定して即を目指すのであれば、この「リーセグダ」崩しもマスターしておかなければならない。





※随時追加予定