Pocket
LINEで送る

ペアーズを使っての初アポ(20代OL)

※今回の記事は、↑こちらの記事の続編となります。


・・・上記の記事に書いたとおり、ペアーズを使い始めてから3日ほどで女性と出会うことができたのですが、残念ながら即日ベッドインすることはできませんでした。

が、その日のうちに手つなぎ→キス→おっぱい揉みまではできたので、もう一度会うことが出来ればベッドインは可能であろうと判断していました。



さて、その女性と後日、会ってきました。


LINEでは「今度は昼間に、カフェでお茶でもしようよ」と誘っていました。

「昼間に」「カフェ」で、というのがミソですね。


夜集合になると居酒屋とかで会うことになってしまい、時間もお金もかかってしまうからですね。

これにホテル代も加えると、かなりの出費になってしまいます。
それは避けたい。


「ナンパでは、コスパを重視せよ!!」


最近、私が重視している言葉でございます。


(いやだって、渋谷でナンパした女の子にキャバクラやクラブに連れて行かれて死ぬほど金使わされたこともあるし、ナンパを始めてから初セックスした子も、そこに至るまで居酒屋とかカラオケとかで死ぬほど金使ったこともあるし・・・これらの出来事がトラウマになっておるんですわぁ・・・)


大量の女性と遊ぶことになるナンパ師にとって、1回のデートにおける出費を抑えることはかなり重要です。

凄腕のナンパ師になればなるほどそうなんじゃないかな?


賢く出費を抑えつつも、それでいて女性を最大限に楽しませられることが、良いナンパ師の条件だと思っています。


知らんけど。



・・・話が逸れました。


さて、当日、女性との待ち合わせ場所に着くと女性から連絡が。


「ごめん、ちょっと遅れます。」


私は「しめた・・・」と思いました。(←夜○月ばりの悪い顔で)


遅刻をした人は、待たせた人に対して「申し訳ない」という気持ちを持つので、その分こっちの要求が通りやすくなるんですよね。



10分後くらいに、相手の女性が来ました。

女「ごめんねー!遅れちゃった」

私「ええよ!なに、お腹でも壊した?」

女「いや、ちょっと掃除に手間かかっちゃってて」


掃除かいw



さて、無事に合流できたので、早速手を繋ごうと思って「手、貸して。」
と言いました。

女性は躊躇なく手を差し出してきました。
ハンドテストは問題なくクリアです。

(まー1回目のアポで、すでに手つなぎにも成功していますしね)


そしてカフェへ。

ラブホから2~3分ほどの場所にあるカフェを選びました。
(和む場所はラブホに近いほうが、ベッドインにも持ち込みやすいため)


前回会ったときに、仕事の話や、男女の恋愛話などは一通りし終えていたので。

今回カフェではお互いの共通の趣味(旅行とか)や、最近のお互いの動向などで盛り上がることにしました。

適度に相手の女性を茶化しつつw


そして、サイン十分、食いつきも十分と判断したので、1時間ほどでカフェを出ることに。


目の前の信号を渡ると、すぐラブホ街です。


女「これからどこ行く?」

私「そうだなー・・・あったかいとこ行こうぜ」

女「あったかいとこ?」

私「うん・・・とりあえず信号渡ってみっか?笑」

女「えー!渡らない!」

私「まあまあ、この辺観光名所らしいから行ってみようぜw」←ウソ


半ば強引にホテル街へ。

・・・が、相手の女性は「絶対入らないからね」と、かたくなでした。


さて、このグダをどう崩したものか・・・と考えていると、女性が「この辺に焼き鳥屋があったんだけど・・・つぶれたのかな?」と発言。


「よし、これを活かそう」と私は思いました。


私「マジで!こんなとこに焼き鳥屋があんの!?探してみようぜ!あ!あれがその焼き鳥屋じゃないかな?」←目の前のラブホを指差しながら

女「そんなわけないでしょ!笑」

私「ま、とりあえず入ってみるか」

女「入らない!」

私「(なかなか固いな)じゃあ1時間だけ」

女「1時間だけ?分かった、でも何もしないからね」

私「はいはい(ま、何もしないことはないだろうけど(ゲス顔))」


で、ホテルインですわな。

当然のごとくベッドインですわね。



相手の女性も、部屋に入ってからも最初は拒否してきましたが、キスや手マンをしていくことでだんだんその気になってきたようで。

しばらくすると相手の方からキスをしてくるようになりました。

まあ、いつものパターンですね。


ただ、困ったことに相手。

「今日、あの日なの」ということで、本番は断固としてできないと言い張ってきました。


いわゆるリーセグダ(リーセ(=女の子の日)を理由にセックスを拒否されること)というやつですね。


手マンやキスで感じさせて、なんとかグダを突破しようとしていたのですが、とうとう攻めきることが出来ず。

結局、手コキでイかせてもらって終わりました。
(勢いよく飛びすぎて、相手の髪の毛を汚してしまいました・・・w)


うーん。
本番できなかったことが大変悔しい。

リーセグダ崩し(リーセの女性を、セックスするよう説得すること)の方法をあまりよく知らなかったことが敗因ですね。



そんなこんなで、ホテルを出て、晩飯前には解散しました。
相手の女性の香水の匂いが服に染み付いて取れませんw


・・・なんか中途半端な結果ですみません泣



PS.


悔しかったので、ネットからリーセグダ崩しについての情報を漁ってみました。

とりあえず、以下の4ステップで崩せるみたいです。


1.リーセに入って何日目かを確認する
2.リーセ中のセックスは気持ちいいものだと教える
3.リーセ中のセックスであっても、自分は気にしないことを伝える
4.女性を気持ち良くさせ、その気にさせる




1.リーセに入って何日目かを確認する


リーセは大体、4~7日で終わるみたいですが、最初の3日間は子宮の内側の古い内膜が、剥がれおちている時期になるみたいです。

そのため、この期間中にセックスをすると痛みを感じる女性もいますし、また出血が多量になることもあるみたいです。

リーセに入って何日目か女性に聞いて、もし1~3日目だったとしたらセックスはやめておいたほうが無難でしょう。

4日目以降であれば血は出ても少なめでしょうし、大丈夫だと思われます。


リーセグダを崩すためには、相手の女性に、そもそもセックスして大丈夫な時期かどうか確認するようにしましょう。



2.リーセ中のセックスは気持ちいいものだと教える



リーセ中は、女性の中で、女性ホルモンの分泌量が減少します。
その一方で、男性ホルモンの働きが相対的に強くなります。

つまり、女性の性欲が男性ホルモンの働きによって高められ、その結果セックスも気持ちよく感じられるようになる、ということです。

このことをうまく噛み砕いて伝えれば、女性もリーセ中のセックスに魅力を感じられるようになるでしょう。



3.リーセ中のセックスであっても、自分は気にしないことを伝える


リーセ中のセックスについて女性が感じる障害の一つが、「自分の血を見られて、汚いと思われたくない」ということです。

この障害をきちんと取り除いてあげることです。

男「血が出るの気にしてんの?大丈夫!ちゃんとタオル引けば汚れないしね!それに、俺は血なんて気にしないよ!思ってるより男は血なんて気にしないからw小さいときから友達と喧嘩したり、走って擦りむいたりして血なんて見慣れてるからね!」



4.女性を気持ち良くさせ、その気にさせる


上記の3ステップ、すなわち

1.そもそも、セックスしてよい時期か確認する
2.リーセ中のセックスの魅力を伝える
3.リーセ中のセックスに対する障害を取り除いてあげる

ができれば、あとは女性をその気にさせるのみです。

普通にキスして、手マンして感じさせてあげれば良いですね。



以上が、リーセグダ崩しです。



うーむ。。。

今回でいえば、4.女性を気持ち良くさせ、その気にさせる、は実施できていたけど、それ以外は全然できていなかったな。。。



まあいずれにせよ、

・女性を楽しませること
・女性の体を最優先に気遣ってあげること


が一番大事だと思います。

あとゴムはちゃんと付けましょう。